How to enjoy 日比谷音楽祭の楽しみ方

Area map 会場マップ

日比谷公園全体と
その周辺施設を使用した音楽祭

日比谷音楽祭2022は、日比谷公園全体とその周辺施設を会場にした音楽祭です。公園内をおさんぽしながら、様々なステージやワークショップ、出展などをお楽しみいただけます。
入場は無料でどなたでもご参加いただけます。
※一部、チケットや事前予約が必要なプログラムもあります。また、混雑などにより入場制限を設ける場合があります。

ステージ

YAON(大音楽堂・野音)

日本の野外コンサートの歴史を作ってきた日比谷野音を舞台に、The Music Park Orchestraと多様なミュージシャンによるスペシャルコラボレーションコンサートが行われます。※要チケット(無料)

ONGAKUDO(小音楽堂)

木々に囲まれた歴史ある音楽堂で、ピアノのクラシック演奏からポップスまで、多種多様なコンサートが楽しめます。

KOTONOHA(パークビューガーデン)

日比谷公園や皇居を上から見渡せる屋上庭園に設置される小さなステージ。風を感じられる気持ちのよいロケーションでコンサートが楽しめます。

HIROBA(ステップ広場)

ビルに囲まれた広場に立つ、アーバンなステージ。民謡や和楽器からサーカスまで、様々な音楽が日比谷の街に響きます。

KADAN(第二花壇)

日比谷公園の中心にある芝生のエリアで、トーク&ワークショップを中心に行われるステージ。芝生に座ってピクニック気分で楽しめます。

エリア

音楽マーケット(にれのき広場)

楽器メーカーによるブースが並ぶ、楽器体験やワークショップ、演奏コンサートが楽しめるエリアです。

噴水広場

ご協賛企業によるブースや、出演者のCDやグッズの販売、クラウドファンディングブースなどが並ぶ、音楽の循環を感じられるエリアです。

詳細は後日発表いたします。