Line up 出演者

Profile プロフィール

民謡クルセイダーズ

民謡クルセイダーズMINYO CRUSADERS

参加プログラム

  • live

    6/4ONGAKUDO

メッセージ

「この度は、日比谷音楽祭に、私ども、民謡クルセダーズにお声掛けくださり、ありがとうございます。
リーダー田中克海が放った “遠くから聞こえてくる祭囃子みたいに、なんだか胸騒ぎのする音楽がやりたいんだよね“
と、言う一言から生まれた民クル。
面白がって続けているうちに、様々な方々から愛されるようになりました。
この音楽祭、ただただ我々と一緒に、楽しく愉快に唄って踊っていただければ、これ幸いかな!で、ございます。
あ~、ワクワクする!」

民謡クルセイダーズ/フレディ塚本

プロフィール

かつて戦後間もない頃、偉大なる先輩―東京キューバンボーイズやノーチェクバーナが大志を抱き試みた日本民謡とラテン・リズムの融合を21世紀に再生させる「民謡クルセイダーズ」。
東京西部、米軍横田基地のある街『福生』在住のギタリスト田中克海と民謡歌手フレディ塚本を中心に2011年結成。
基地周辺に今もなお点在している築70年の米軍ハウスの一棟、通称「バナナハウス」をスタジオとして、セッションをスタート。
失われた音楽『日本民謡』をもう一度「民の歌」として蘇らせるため、カリビアン、ラテン、アフロ、アジアなど様々なダンスミュージックと日本民謡との融合を試み、2017年、1st Album『Echoes of Japan』を完成。
2019年の海外リリース以降、コロンビア、ヨーロッパツアーのほか、オーストラリア、ニュージーランドのフェスWOMADへの出演も成功をおさめ、国内外から高い評価を得ている。