About

  • Top
  • About
  • Message

Message 開催によせて

みなさん嬉しいお知らせです。「日比谷音楽祭2021」の開催が決まりました。多くのライブやコンサートが止まってしまう状況が続いたこの一年、僕たちはコロナ禍という未曾有の時代に「日比谷音楽祭」ができることは何かを考えながら丁寧に準備を進めてきました。
そして「日比谷音楽祭2021」は、ステージに立つアーティストと、それを楽しむお客さん誰もが屈託なくライブを楽しめるように、コロナ対策を徹底しながら、リアルとオンラインの両方で開催します。

今年も、ジャンルや世代を超える素晴らしいアーティスト達のスペシャルなステージや、ワークショップ、トークショーなどが繰り広げられます。オンラインもあるので、お家から、日本中のどこからでも、誰もが無料で「日比谷音楽祭」でしか味わえないさまざまなワクワク音楽体験ができます。

日比谷音楽祭は、都心の緑あふれる日比谷公園で「フリーでボーダーレス、親子孫三世代誰もが楽しめる野外音楽フェスティバル」として2019年に生まれました。そして今、コロナ禍という不確かで難しい時代に僕たちは向き合っています。そんな時、人々の心をなだらかに繋ぎ、癒し、笑顔と元気を与えてくれるのは音楽のチカラだと信じています。そんな音楽というかけがえのない文化を応援しようという、たくさんの尊い「思い」がこの「日比谷音楽祭」でつながって、力強い循環となり、やさしさにあふれた豊かな社会と未来の音楽文化を育んでいくことを心から願っています。

参加アーティストにとっても、待ち望んだ青空の下でのライブになります。
さあ、みなさん今こそ音楽でつながりましょう。

日比谷音楽祭実行委員長  亀田誠治

亀田誠治

1964年生まれ 音楽プロデューサー・ベーシスト
これまでに椎名林檎、平井堅、スピッツ、GLAY、いきものがかり、JUJU、山本彩、Creepy Nuts、石川さゆり、東京スカパラダイスオーケストラ、MISIA、アイナ・ジ・エンドなどのサウンドプロデュース、アレンジを手がける。
2004年に椎名林檎らと東京事変を結成し、2012年閏日に解散。閏年の2020年元旦に再生を発表。
2007年第49回、2015年第57回日本レコード大賞、編曲賞を受賞。
近年では、J-POPの魅力を解説する音楽教養番組「亀田音楽専門学校(Eテレ)」シリーズが大きな話題を呼んだ。
2021年には、映画「糸」にて第44回日本アカデミー賞、優秀音楽賞を受賞。